アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年8月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
服用効果

汗をながす

世の中には、妊娠をしたくても出来ない人はたくさんいます。
産婦人科などに通って、不妊治療を受けて日頃から妊娠可能な身体にすることが大切になってきます。
妊娠出来ない原因には、様々なものがあります。
卵子の質や数が少ない場合や着床のタイミングなどが挙げられます。
また、冷えや男性に原因がある場合もあるので、妊娠を望むカップルはお互い身体を調べる必要があります。
妊娠可能な身体にするためには、ヨガなどを行なうことで血液の流れを良くします。
また食事も栄養バランスのとれた物を食べ、身体を冷やさないように運動を取り入れる他、半身浴も効果的です。
他にも、卵子を活性化させるために食事にカリウムが含むものを摂取すると良いでしょう。
有名な飲み物には、ルイボスティーがあります。
ルイボスティーはカフェインを含まないので妊娠中でも安心して飲むことが出来ます。
生活習慣を改善しても妊娠出来ない場合はプレマリンを服用すると良いでしょう。

■プレマリンとは
プレマリンは、生理不順を改善する他、更年期障害や卵巣欠落症状の改善にも使用されています。
また、卵巣機能に働きかけ妊娠が出来る身体をつくっていきます。
他にも、膣炎を改善することが出来るので妊娠希望者以外にも処方される薬になっています。
プレマリンは、長期間服用を続けると子宮内膜ガンを引き起こす場合もあるので服用する場合には注意しましょう。

■ピルについて
プレマリンとは逆に、避妊を目的として服用するものにピルがあります。
また、避妊以外にもピルには様々な効果があるのでピルを服用している女性は多いものです。
ピルには、生理痛や生理不順を改善する効果があります。
他にも、ホルモンバランスが乱れることによって起こるニキビや多毛症を改善することが出来るので様々な用途で服用されている薬になります。
また、ピルを長期間服用することによって子宮体がんのリスクを下げる効果もあるので予防として服用する人も中にはいます。
プレマリンもピルも薬になるので、副作用があります。
副作用を理解した上で服用するようにしましょう。

オススメリンク

ピルの服用

プレマリンは、ホルモン作用が強くなっています。また、プレマリ…Read more

服用する際の注意

プレマリンと同様にピルにも副作用があります。ピルの副作用には…Read more

関連リンク